【障害平等研修 実施報告】より~初(^▽^)/DET沖縄主催の障害平等研修実施です

2016年11月12日(土)にDET沖縄主催のDETが実施されました。
この障害平等研修は、沖縄で着実な活動を積み重ねてきた「DET沖縄」が初めて主催し、障害当事者、支援者、学生を中心に、オープンなスタイルで多様な方々が参加されました。
会場は那覇市天久台病院OTホールでした。

「障害の社会モデル」の視点から「障害」「差別」「合理的配慮」を理解し、身近にある現状の課題を見つけ実現可能な改善の行動計画を作り、行動の第一歩を起こすことを目的としたDETです。
多様な立場からの参加で、幅のある豊かな内容のディスカッションと丁寧な問題分析が行われ、行動リストも実際の行動に繋がる手ごたえのあるものとなりました。
また、今回もDET沖縄を一緒に展開してくれているサポータースタッフの力の結集により、広報活動、参加しやすい環境作り、情報保障や会場準備などスムーズな運営ができました。

実施概要
実施日時:2016年11月12日(土)
主催:DET沖縄  
実施会場:那覇市 天久台病院 OTホール
参加者(人数、概要):20名
開催挨拶:高嶺豊氏(NPO法人 エンパワメント沖縄)
司会:森田博和
ファシリテーター:小林学美
サポーター:神谷智子、森田博和、石川貴幸、知念和紀、仲村将平

実施内容:
・目的 「障害の社会モデル」の視点から「障害」「差別」「合理的配慮」を理解し、身近にある現状の課題を見つけ実現可能な改善の行動計画を作り、行動の第一歩を起こす。
・概要:主催 DET沖縄
共催 NPO法人エンパワメント沖縄 / NPO法人障害平等研修フォーラム

DSCN4872

DSCN4901

DSCN4952

※ファシリテーター 小林学美のフェイスブックに当日の様子が写真でアップされています。

https://www.facebook.com/mana.koba.357/posts/1786286878311281?pnref=story